読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家作り、時々、子育て

初めての家作りや初めての子育て。誰も教えてくれないけど大切なこと。人と比べず情報に翻弄されず。経験をシェアすることで誰かの役に立つかもしれない。

主婦湿疹シリーズ①原因:その絆創膏に気をつけて!!

体のこと

指にできる主婦湿疹に悩まされてたこの5年間。それがある日突然治った話をご紹介!まずは主婦湿疹が発症した経緯とその後の苦悩のお話。

 

【始まり】

29歳の時に発症。原因は今でもはっきり覚えてる。それは絆創膏。当時新しく始めたカフェのバイトで、新人だから洗い物ばかりしてたそんなある日。左手の人差し指にささくれができて、ついついささくれを取ったら思いがけず深い傷に…。仕方ない、絆創膏を貼って洗い物をすることに。2日くらい絆創膏を変えるのを忘れてそのままつけて洗い物をし続けていたら、、何かだんだん腫れてきたぞ?絆創膏を新しく付け替えながら、「まぁ、そのうち治るか」ぐらいに甘く思っていたこの瞬間が悲劇の始まり。

 

【症状】

その後腫れた指は熱を持ち膿み始めた。ただ膿んだだけならまだ良かった。でも、その傷がやっと治りかけた頃に始まった指先の痒み。その痒みは日に日に強くなり、そのうち水疱みたいのが出来た。その水泡が痒いのなんの。でも掻けば掻くほど中から液が出てきてその範囲は広がっていく。そのうち痒みがなくなると、今度はその部分の皮膚がすごく硬くなってアカギレ状態に。指の関節はひび割れてとても痛い。

 

【繰り返す症状】

それでも最初はささくれが原因だと思ってたから、やっぱりすぐ治るだろうと甘く見てた。ところが、アカギレがようやく治りかけてきたな~、と思っていたら今度は別の場所に水泡が。そしてその水泡が出来る部分も徐々に広がっていく。最初は左の人差し指だけだったのが、1ヶ月・2ヶ月と経つうちに隣の中指・親指に移り、気がつけば右手の指も痒くなり始める。そして痒みが治まるとアカギレになるのを永遠と繰り返した。季節によって片手だけの時もあれば、ひどい時は両手のほとんどの指が痒い時もあった。そんな状態が1年も続いてようやく、これはもうしっかり治療しないと治らないのかもしれないという事に気づく。

 

【緊急事態発生】

そんなある日、緊急事態が発生した。マリ君と沖縄に旅行へ行った時のこと。海で遊んで旅を満喫していた最中、突然の指の痛みと発熱。その時の右手の人差し指は、アカギレ・ひび割れ状態。その指をよく見てみると、硬く腫れあがった指は熱を持ち指からわきの下まで血管のような赤い筋が見える。しかもその筋を押すと痛いし、さらに38度超えの熱もあった。これはちょっと嫌な予感がしてすぐに近くの病院で診てもらうと、

「土とか触りましたか?」と。

触りましたよ。だって海で遊んだんだもの。砂浜でいっぱい土触りました。。

リンパ管炎ですね。土の中にはばい菌がたくさん住んでいて、傷口からばい菌が入り込んだんですね。そのばい菌がリンパに入って、今わきの下のリンパ腺で止めている状態です。このばい菌がリンパ腺を突破して全身に回った場合は命を落とす場合もあるんですよ。」

そう言われて背筋がゾッとした。小さな指のささくれから手湿疹を患い、今では死に至る可能性もあるリンパ管炎となった。そう思うと本当に怖かった。

抗生剤を処方してもらい宿へ帰る。薬を飲んで一晩ゆっくり休んだら次の日には大分回復していた。リンパ球が病原菌を撃退してくれた。小さな傷でも侮ってはいけないと感じた瞬間。

 

主婦湿疹シリーズ①原因:その絆創膏に気をつけて!!
主婦湿疹シリーズ②その正体は異汗性湿疹?それとも手水虫?
主婦湿疹シリーズ③その正体は!?手水虫について調べてみる
主婦湿疹シリーズ④最終回!突然治った!!??